ロシアで生活すると想定して将来を考えてみた

ロシアで生活するにはネックなのが、お金です。 ロシア人の月収は? ロシア国内で生活するには問題ないのです。食品も家賃も安い。 平均月収はモスクワで8万くらい、地方で4~5万くらいです。 当時はよくわからなかったのですが、夫のロシアでの月収はかなりあった方なのだと思いました。(今は辞めて日本で生活) 日本への航空券代が月給の2~4倍します。日本の給料では1ヶ月分で足りていました。そう…

続きを読む

オシャレなカフェ【モスクワ】

今日はロシアで訪れたお店の紹介をしたいと思います。 モスクワでフランス気分?が味わえる、「Paul」というお店。 オシャレなパン屋さんで中で頂けます(#^.^#) 外観はこんな感じ。 (引用:http://restoranoff.ru/news/newsfeed/Ginza_Project_otkriela_v_Moskve_pervoe_kafe_seti_Paul/) お店…

続きを読む

聖体礼儀へ参加【日露の場】

ハリストス正教会の聖体礼儀へ異教徒ながら付き添いで参加させて頂きました。 司祭も温かく接してくれて、嬉しかったです。 (以前の関連記事:ハリストス正教会へ【教会に行く前に知っておきたいこと】) キリスト教の学校へ通っていたこともあったので、こういった儀式を見るのは初めてでも無いと思っていたのですが、 キリスト教とは一味違う正教会。 特に司祭の方々が纏われている服がとても綺麗。 こちら…

続きを読む

ソ連時代の刺青の意味

ロシア人の刺青に対する考え方は、 日本人が「刺青=ヤクザ」と認識するのと少し似ています。 ですが、アメリカのタトゥー文化の流入に日本の若者は未だ保守的(日本の社会が受け入れることができない、と言った方がいいのか)で 今のロシアの若者の間ではかつての「刺青=犯罪者」という認識から「刺青=オシャレの1つ」という認識に変化しました。 今やロシアの刺青も"タトゥー"という認識に変わりました。 …

続きを読む

ロシア人には日本語はこう聞こえる?【ロシアのお笑い】

Всем привет! まだロシア語が全然わからない頃にロシア語を聞いて、 可愛い!キレイ!!(#^.^#) と思ったのでした。 高校生の時にニュージーランドに留学中、同じくロシアから留学に来ていた友人に ロシア語も少し教えてもらったり。 じゃぁ、ロシア人にとって日本語はどんな風に聞こえるの? 私は日本語は柔らかくて、優しいイメージなんです。母語っていうのもあってか なんか礼…

続きを読む

ウクライナのアニメのような女の子の今【ウクライナのざわちん?】

Привет всем!  話題になった人についても取り上げて記事にしてみようかなーと思い、書いてみます(#^^#) もうかなり有名になったウクライナのアニメのような女の子 Анастасия Шпагина アナスタシア シパギナさん 本物のアニメのキャラクターみたい( ゚Д゚)、、というか目!すごい。。 引用:http://www.funpress.ru/news/1113-sam…

続きを読む

ハリストス正教会へ【教会に行く前に知っておきたいこと】

以前書いたこちらの記事:「葬儀」について考える【国際結婚の問題点】(ロシア正教についてのマナーにも触れたことから)から、私はハリストス正教会へ行こうと思いました。 それは万が一に備えて、というわけでは無く(もちろん大切です)今後ロシアで生活することになった時に少し役に立つからと思ったからです。 見えてきました!大阪ハリストス正教会です。阪急の豊津駅から5分くらいで行けます。 ハリストス…

続きを読む

本日より、マースレニッツア【масленица】(露日訳)

Всем привет! ロシアのテレビを見ていたら、ニュースでマースレニッツアのイベントが取り上げられていました。 ウィキではこうありました。В 2017 годус 20 февраля по 26 февраля2017年 2月20日から2月26日 マースレニッツア(Масленица)とイースター(Пасха)は毎年日にちが変わります。月曜日から始まるようになっています。 (以下…

続きを読む

「葬儀」について考える【国際結婚の問題点】

先日、夫と共に葬儀に出席することとなりました。もちろんとても悲しいのですが、個人的な感情のことを今ここで書くのは控えたいと思います。 私たちに故人が考えさせてくれたことの1つとして 「考えたくないけど考えなければならないこと」です。 国際結婚の直面する問題として、もしものことがあれば自分のお葬式や夫のお葬式はどうしたら良いのか、ということです。 こういった「死」について話し合うのはタブー…

続きを読む

ヴィタス「オペラNo.2」和訳

Привет, всем! ヴィタスというちょっと怪しい ロシア歌手。(彼はラトビア出身) 怪しい世界観と超高音オペラで観客を圧倒させる不思議な歌手です。 VITAS - ОПЕРА №2 / Opera#2 怪しいPVも発見しました。 Vitas - Opera N2 この曲以外はそんなに有名では無い気がします。。 ヴィタスはロシアより、中国・台湾で売れ、ロシアのTV番組で中国人…

続きを読む