本日より、マースレニッツア【масленица】(露日訳)

Всем привет!

ロシアのテレビを見ていたら、ニュースでマースレニッツアのイベントが取り上げられていました。

ウィキではこうありました。
В 2017 годус 20 февраля по 26 февраля
2017年 2月20日から2月26日

マースレニッツア(Масленица)とイースター(Пасха)は毎年日にちが変わります。
月曜日から始まるようになっています

(以下http://www.calend.ru/holidays/0/0/1246/1/より引用。)****

Масленица начинается в понедельник, который называется «встреча».
マースレニッツアは«迎え»と呼ばれる月曜日に始まります。

В этот день встречают Масленицу, наряжают куклу-чучело, строят снежные горы.
マースレニッツアを迎えた日、カカシに服を着せて雪山に立てます。


Вторник — «заигрыш». Строят снежные и ледяные крепости, скоморохи поют свои частушки.
火曜日ー《遊び》、雪や氷の要塞を作り、道化師がそれぞれのチャストゥシカを歌う。

Среда — «лакомка». В этот день зятья приходят на блины к тещам.

水曜日―《ご馳走》、娘の夫が義母のブリヌィを食べに来る。

Четверг — «разгул», самый веселый день. Возят чучело на колесе, катаются, песни поют, начинают колядовать.

木曜日ー《お祭り騒ぎ》、一番楽しい日。カカシを台車に乗せて運び、12日節歌を歌って各家を歩き回る。

Пятница — «тещины вечерки». Теперь уж зять тещу к себе приглашает, блинами угощает.
金曜日―《妻の母を招く》、今度は娘の夫が娘の母を招待して、ブリヌィをご馳走する。

Суббота — «золовкины посиделки». Невестка дарит золовкам (сестрам мужа) подарки.
土曜日《夫の姉妹の集い》、娘は夫の姉妹にプレゼントを渡す。

В этот день сжигают чучело Масленицы и окончательно прощаются с зимой.
この日に、カカシを燃やす。冬と共にマースレニッツアは終わりを迎える。

Пепел развеивают по полю, чтобы был хороший урожай.
豊作を願って地に灰を撒く。

*******************************

伝統的なマースレニッツアの説明が写真などとともに紹介されているビデオを引用します。



現代では、こういったマースレニッツアの伝統的な風習は若者には定着しておらず、
家でブリヌィを食べたり、広場やイベントでカカシを燃やしたり、はたまた「国際婦人デー」の逆バージョンとして男性の日としてマッチョなイベントが繰り広げられたりしています。

当時の私の超下手なロシア語が入っていて不快ですが(今はもっと良くなっているハズ!)、
これは2年くらい前に買い物に行った際にマースレニッツアのイベントがあったので撮影したものです。

クォリティはめっちゃ低いです。すいません。声も変だし。。


マースレニッツアはロシア正教の謝肉祭なので、ロシアの両親はお肉は食べないようにしていました。
タンパク質が不足すると、甘い物を大量に食べたくなるが人間の体です。
そこで、この時期バターなどの大量の乳製品でタンパク質を取ったり、甘い物でお腹を満たしていたわけですね。当時の人は良く分かってます。


最後にYOUTUBEで見つけた可愛い男の子がブリヌィの作り方をレクチャーしてくれる動画を。



素敵なマースレニッツアを!

До скорого!


ランキング参加してます(#^.^#)




Cheap Unlimited Internet in Japan!【NINJA WiFi】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447197795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック